資格業界に新しい風。東大ノート方式で最短高速資格取得を目指そう! ボイラー技士、コンクリート診断士、コンクリート技士、ビル管理士、海事代理士、ファイナンシャルプランナー、宅建主任者、行政書士の独学資格取得教材対応!

2014年★ビル管理士★最短合格テキスト(参考書)+過去問集★CDR版★建築物環境衛生技術者

販売価格

3,980円(税抜)

購入数

2014年3月、教材を最新版に更新しました!


商品説明
10.6%
これは、ビル管理士試験の昨年度公表合格率です。
一昨年の32.7%を除き、ほとんどの年で合格率20%を下回る狭き門となっています。
20%を下回るというのは、どういう意味でしょうか?
資格試験というのは、基本的に1.講習を受けた人→2.通信教育を受けた人→3.独学で受験する人、の順に合格率が下がっていきます。
例えば、1.講習を受けた人が35%2.通信教育を受けた人が25%合格するとした場合、独学で勉強した人の合格率は10%を下回り、つまり「殆ど合格できない」という厳しい現実に立ち向かうことになります。
受験前に縁起でもない話ですみません。

では、このビル管理士試験、独学で合格することは難しいのでしょうか?
結論から言うと、全く難しくありません。勉強方法と教材さえ間違わなければ、確実に、大きな負荷もなく、サラリと合格できます。

ですが、私が受験した際にとても遠回りしてしまいました。
色々なところで過去問の重要性が説かれていますが、それは間違いありません。
しかしながら、市販のテキスト、問題集には大きな落とし穴がありました。
まず問題集ですが、過去の試験のただ単なる焼直しで、体系的に勉強できない。

次にテキストです。
各分野ごとにたしかに正しい知識が記載されているようでした。
でもどこが試験に出るのか、出ないのか。分野ごとの出題傾向もない。
合格後のビル管理士が実務で解らないときに調べる法令集としてはこれでいいかもしれません。
でも、とにかく試験に受からなければならない私達に本一冊丸々覚えろとでも言っているのでしょうか?
この状況がとても厳しいのです。

結局、他の資格と比べ、受験資格も必要で受験者数が限られているため、他の資格のようなちゃんとした「試験対策」ができる教材がみつからない。
つまり、参考になる参考書がない!?状態です。
最後の手段として、自分の合格のために自分で作ったレジュメが本品の元となった原稿です。


その後、現在に至るまでビル管理士の教材を取扱っていますが、内容更新をハイペースで行っています。市販書では、例えば2013年に出題された問題の内容を組み込み2014年度版として発行しています。本書では2014年に出題された問題の内容を2014年版としていますので、市販の参考書表現では2015年版をお渡ししていることになります。これも他の参考書との大きな違いの一つになっています。


推奨する勉強法は以下の手順です。
(1)この『最短合格テキスト』ノートを一通り眺めてください。
この段階では意味不明で聞いたことのない語句だらけで、理解できなくてもとにかく一通り眺めてください。

(2)過去問を並んでいる問題順に解いてみてください。

(3)過去問を説くときは、「最短合格テキスト」と照らし合わせるようにしてください。(特に1回目)
「最短合格テキスト」は、教科書であり、解説集でもあります。
テキストは最重要部、重要部を赤字にしてあります。

(4)二回、三回繰り返し過去問を問いてください。だんだんとペースが上がっていき、解ける問題も増えてきます。誤まった肢を選ぶ問題では、答え以外の正しい肢の内容を理解するようにします。

(5)三回目終了時に不得意分野を除いて、大体解けるレベルに達してきます。
この不得意分野がどうしても覚えにくい場合は、試験前日、当日に一夜漬けにしても構いません。

(6)テキストを見ずに全問解答ができるようになれば過去問は頭に入ったということです。
過去問が頭に入ったということ=合格レベルに達しているということです。

本試験ですが、このテキストを使えば、30時間程度の集中勉強で合格できると思います。
記憶力に自信のない方でも40時間程度でしょうか。
高い講座なども開かれていますが、教材さえ間違わなければ、独学で十分、楽に、合格できます!これだけは断言します。
講座に支払うお金があれば、合格した後のご自身のご褒美に取っておくのがいいと思います。

学生時代に試験前に「ノート写させて〜」と頼んで、それだけで授業を受けていなくても、単位をとれることがあったと思います。構成はしっかりと作成しておりますが、そういう使い方ができる教材をイメージして作成しています。


お送りするもの
1. 『最短合格テキスト』 (合計139頁)
第一章 建築物環境行政概論
第二章 建築物の環境衛生
第三章 空気環境の調整
第四章 建築物の構造概論
第五章 給水及び排水の管理
第六章 清掃
第七章 ねずみ・昆虫などの防除
最短合格テキストは、参考書であり、過去問解説集を兼ねています。

2. 過去問+解答(4期分、平成22年〜平成25年)

以上をCD-Rに収録しています。(CD-Rの色は、写真と異なる場合があります。)

パソコン画面での学習もできますし、印刷することで小冊子として使用することもできます。(カラー印刷推奨)

また、PDFファイルを開くためにはAcrobat Readerが必要になりますので、お持ちでない方はAdobe社のホームページ等でダウンロード(無料)できます。

只今、ご購入いただいた方全員により勉強がやり易くなる無料のおまけも付けています!






資格独学でとったろう会は全商品送料0円です。上記価格以外かかりません。

(振込/決済手数料を除く)