資格業界に新しい風。東大ノート方式で最短高速資格取得を目指そう! ボイラー技士、コンクリート診断士、コンクリート技士、ビル管理士、海事代理士、ファイナンシャルプランナー、宅建主任者、行政書士の独学資格取得教材対応!

海事代理士とは

海事代理士は、船舶法、船員法等の法律に関して、行政書士と司法書士の業務を併せ持つ国家資格で、海事関係業務に関した依頼人の委託により、国土交通省・地方運輸局・法務局・都道府県・市町村等の行政機関に対し、船舶や海技免状等の行政諸手続きの申請を代理し、又はこれらの手続きに必要な書類を作成する、海事法令に関する手続きの専門家です。

業務を行うことができる範囲は、船舶法、船舶安全法、船員法、船舶職員法、海上運送法等の海事関係法令に基づく申請、届出、登記その他関連する手続きを行うものとして海事代理士法で定めています。

海事代理士資格のない者が、海事関係業務の申請を代理を行うと法により罰せられます。 さらに、海事代理士の資格がない者が『海事代理士』または、これと紛らわしい資格や名称を用いることも法律で禁止されています。


海事代理士試験の難易度

合格率は50%程度と高いが、司法書士や行政書士を取得している人が受験するため、簡単とはいえない。やや難しい考えられる。

海事代理士の職務

海事代理士の仕事は別名『海の代書屋』とも呼ばれ、船の安全性を確かめる検査の申請など、海技試験の申請、海技免状の申請・更新・再交付手続き、船舶の船籍港に関する手続きや検査などの手続きを、依頼人の代理として行います。

有資格者には、海運業者や造船業者から委託を受けて国土交通省や都道府県などの行政機関に対し、海事関係法令にもとづいた、船舶の登記・登録・検査や海技免状の取得・更新再交付などの申請手続き代行や申請書類の作成及び相談を受けるなどの、船舶及び海事関係全般の業務が認められています。

身近なところでは、海や湖で目にする水上バスや遊覧船、モーターボートなどを安全に操縦するために必要な免状の申請など、その取り扱う手続きはたくさんあります。

また、各国の交易の場である「海」は、危険かつ複雑な利害関係があり、安全、環境問題など各国がお互いに守るべきさまざまな条約が結ばれており、このような条約に基づいて定められた『海』に関係する法律がたくさんあります。そのため、『海の法律家』とも呼ばれる海事代理士は、このような法律をきちんと理解して、関係者への適切なアドバイスを提供することにより、『海の安全』を守ることも海事代理士の重要な仕事です。


【海事代理士になるには】
国土交通省HP


【海事代理士とは】
Wikipedia


 



資格独学で取ったろう会。過去問と要約参考書で速攻合格!